★QOL評価

QOLは、健康状態とは直接関係が乏しい経済状態、職業、住居などの要因が関与する包括的概念
であるため、医療分野で疾病との関係を中心として記載する場合は、health-related QOL(HRQL)
の用語が使用される。

HRQL評価表には、全般的評価表と疾患特異的評価表がある。世界的に認知され汎用されている
慢性呼吸不全患者のHRQL評価表は下表のとおりで、日本語版もある。日本語版使用には、著作
権をもつ京都大学 福原俊一先生(SF36)、西村浩一先生(CRQ・SGRQ)の許可が必要である。


全般的評価表

名 称

内 容

作成者&原本入手先

SF36MOS SF36
(Medical Outcome Study Short Form)
機能レベル、幸福度、健康感について36項目で質問。慢性の内科疾患に適用な全般的QOL評価表。 RandCorporation
1700 Main St.
P.O.Box 2138
Santa Monica, CA
90407-2138
FAX: 310-451-6951


疾患特異的(COPD特異的)評価表

名 称

内 容

作成者&原本入手先

CRQ
Chronic Respiratory Disease Questionnaire)

 

呼吸困難及び生活機能に関連する変化項目を測定。面接形式なので時間的制約がある。
COPD特異的評価表として広く使われている。

Dr.Gordon Guyatt
Dept. of Clinical Epidemiology, McMaster University Medical Center,1200 Main St., Hamilton,Ontario
Canada L8N 3Z5

SGRQ
St.Georges Respiratory Questionnaire

 

監督下自己記入式質問表。所用時間が 15分程度。COPDおよび喘息特異的評価表。

Dr.Paul Jones
St. George Hospital Medical School,Dept. of physiological Medicine, Granmor Terrace, London SW17, UK


COPD患者を評価する場合は、全般的評価表と疾患特的評価表を併せて使用するのが一般的だが、
全般的評価表よりCOPD特異的評価表がHRQLの変化を鋭敏に把握することが可能であると考えられ
ている。対象に複数の疾患が含まれる場合には、全般的評価表を使用する。

HRQLの改善は、呼吸リハビリテーションの重要な効果として考えられるようになった。肺機能など
の生理学的指標の改善は乏しいが、疾患特異的HRQL評価表を用いることで、呼吸リハビリテーション
の効果を評価することが可能になった。