運動ウンドウ負荷心肺機能検査
 T.運動負荷試験の意義
運動のメカニズム
 運動は、末梢マッショウ組織の酸素需要の高まりと二酸化炭素産生の増加に対して、肺の換気機能、肺胞ハイホウ
から毛細血管内への拡散機能、末梢組織へ酸素を運搬する心臓の循環機能、末梢組織での代謝機
能、末梢組織からの二酸化炭素の排泄機能が有機的に結びつき、スムーズに機能してはじめて可
能になる。
                        運動ウンドウのメカニズム
               A 肺胞ハイホウ換気カンキ、VD コウ空気クウキ、VE ブン換気量カンキリョウ
(Wasserman K, Hansen J E, Sue DY, et al. Principles of exercise testing and interpretation.
 Philadelphia : Lea & Febiger, 1987より引用インヨウ)
  慢性肺疾患患者の運動能力低下の原因が、肺の異常のみであるとは即断できない。ガス運搬上
重要な心循環系の機能異常を合併していることもある。
なぜ負荷をかけるか?
 心肺機能には予備能が十分備わっており、初期病変が起こっていても安静時には症状として現
れにくい。負荷をかけることで軽微な機能的異常を増幅させて検出できる。
 安静時の心肺機能検査で異常が検出されても、運動能力や体動時呼吸困難にどの程度関わって
いるかを安静時のデータから類推することは不正確セイカクである。
 COPD患者の安静時肺機能と運動能力(peak VO2)の関係については、換気障害の程度とpeak
VO2は有意な相関を示すが相関係数は低く、安静時肺機能から運動能力を正確に知ることはできな
いことが分かる1)
運動負荷試験の目的
1) 運動能力を他覚的に評価できる(peak VO2など)
2) 運動制限因子を知ることができる(換気カンキ制限セイゲン低酸素テサ血症ケッショウかなど)
3) 運動中の自覚症状を再現、評価できる(呼吸困難の評価)
4) 診断に役立つ(虚血性心疾患、運動誘発性喘息)
5) 治療へ応用できる(薬物・酸素療法の指標、運動療法の処方決定や安全性の確認)