★運動負荷心肺機能検査
 U.運動負荷試験の方法
運動負荷試験の中止基準
アメリカスポーツ医学協会の運動中止基準を示す。
運動負荷ウフ試験シケン中止チュウシする目安メヤス
1. 被験者ヒケンシャ運動ウンドウ中止チュウシノゾんだトキ
2. 運動ウンドウナカ生体セイタイ変化ヘンカ監視カンシする装置ソウチ故障コショウしたトキ
3. ムネ徐々ジョジョクルしくなってきて、ムネナイ苦悶クモン強度キョウドになってきたトキ。または軽度でも中止する。
4. STが水平スイヘイに、あるいはシタセイ低下テイカまたは上昇ジョウショウした場合
5. ウエシツセイヒンミャク持続ジゾクした場合
6. ウエシツセイヒンミャクがみられた場合
7. 運動ウンドウによってミギアシまたはヒダリアシブロックがショウじた場合
8. 運動ウンドウマエ血圧ケツアツ比較ヒカクし、収縮シュウシュク血圧ケツアツが10mmHg以上イジョウ低下テイカした場合、または負荷量を漸増しても
血圧が上昇しない場合。
9. 思慮シリョ不足フソク錯乱サクラン状態ジョウタイ運動ウンドウ失調シッチョウ顔面ガンメン蒼白ソウハク、チアノーゼ、嘔気オウキ、あるいはキビしい末梢循環不全
シメ徴候チョウコウられたトキ
10. 運動ウンドウにより収縮シュウシュク血圧ケツアツが250mmHg以上イジョウ拡張カクチョウ血圧ケツアツが120mmHg以上に上昇した場合。
11. R on Tガタ
12. 不適当フテキトウトキこる理由リユウ不明フメイジョミャク心拍数シンパクスウ同年齢ドウネンレイシャの心拍数の2標準偏差以下になった
場合
13. 2〜3心臓シンゾウブロックがこったトキ
14. 心室シンシツセイソト収縮シュウシュク
15. 心室シンシツセイソト収縮シュウシュク増加ゾウカするトキ      
  (日本ニホン体力タイリョク医学会イガクカイ体力タイリョク科学カガク編集ヘンシュウ委員会イインカイランヤク. 運動ウンドウ処方ショホウ指針シシン(原著ゲンチョダイハン). アメリカスポーツ医学協会編.
   東京:南江堂,1989:25より引用)
運動負荷ウフ試験シケン実施ジッシにおいて異常イジョウ反応ハンノウ判定ハンテイする場合基準キジュン
1. ST部分ブブン運動ウンドウにより、1mmまたはそれ以上イジョウ下降カコウ、あるいは上昇ジョウショウした場合。ただし、安静時の
Q-Qを基準とする。
2. 運動負荷ウフによって狭心症キョウシンショウ典型的テンケイテキ症状ショウジョウであるムネ不快感フカイカン誘発ユウハツされたり、それが増した場合。
3. 心室シンシツヒンハク頻繁ヒンパンな(30%以上イジョウ)早期ソウキ心室性シンシツセイ収縮シュウシュクセイ心室性シンシツセイガイ収縮シュウシュクの場合。
4. 運動ウンドウによってミギアシまたはヒダリアシブロックが誘発ユウハツされた場合
5. 運動ウンドウナカ収縮シュウシュク血圧ケツアツが10mmHg以上イジョウ下降カコウした場合、または運動負荷ウフ強度キョウド増加ゾウカしていっても運動ウンドウ
初期に比較し、収縮期血圧が上昇しない場合。
6. ウエシツセイジョミャク持続ジゾクした場合
7. R on Tガタ心室シンシツセイガイ収縮シュウシュク
8. 2〜3心臓シンゾウブロックが運動ウンドウによって誘発ユウハツされた場合
9. 運動ウンドウアトナミ逆転ギャクテンした場合
10. こりうるはずのないトキジョミャク発生ハッセイした場合    
  (日本ニホン体力タイリョク医学会イガクカイ体力タイリョク科学カガク編集ヘンシュウ委員会イインカイランヤク. 運動ウンドウ処方ショホウ指針シシン(原著ゲンチョダイハン). アメリカスポーツ医学協会編.
   東京:南江堂,1989:25より引用)