運動負荷心肺機能検査
 U.運動負荷試験の方法
負荷法
  漸増的に負荷量を上げていく漸増負荷法と、一定負荷量を続ける定常負荷法がある。負荷量
肺についての疾患患者用プロトコールは確立されていないので、各施設が独自のプロトコール
を用いている。参考までに、参加サンカ施設シセツ運動負荷ウフプロトコールを紹介ショウカイする。試験は主に患者の
意志によるか(呼吸困難、筋肉疲労など)、目標最大心拍数(例えば予測最大心拍数(HRR)の
90%)に達した時点で終了となる。
1) 漸増負荷法
負荷量を連続的に加えていくランプ負荷法と、何分間かごとに段階的に負荷量を上げてい
く多段階負荷法がある。トレッドミルや自転車エルゴメーターによる方法と、機器を用い
ないシャトルウォーキングテストがある。漸増負荷法は、最大運動能(peak VO2)の測定、
運動制限因子の解析、anaerobic threshold(AT)の測定に適している。トレッドミル
と自転車エルゴメーターの比較を示す。
<トレッドミルと自転車エルゴメーターの特徴比較 @>
  トレッドミル 自転車エルゴメーター
負荷量  スピードと傾斜角を自由に変えることにより負荷量を  ペダルに抵抗をつけていくことにより、下肢筋への負荷
   コントロールできる。  量をコントロールできる。
  *日常歩行ができれば検査が可能。 *体重の影響を受けない。
  *歩行は全身運動になるので、最大酸素摂取量(peak VO2) *より細かい定量化が可能。
    の評価に適している。 *座位・臥位で測定できる。
  *運動の限界は心肺系によって制限される。 *上体が比較的安定しているため、呼吸・循環系パラ
  *歩行は最も一般的な日常活動であり、運動療法にも   メーターを測定しやすい。
    応用しやすい。 *装置は小型・軽量、可動性があり、安価。騒音や振動
            が少ない。
  *体重の影響や手すりへのもたれ等で、peak VO2に影響 *自転車になれていない患者は練習が必要。  
    が出易い。   *運動筋が下肢筋に限られるため、トレッドミルに比べ、
  *上体が安定しないため体動が大きく、呼吸・循環系の   peak VO2が低い傾向にある。
    測定が不正確になりやすい。   *運動の限界が下肢筋疲労によることがある。
  *疲労時、自分でスローダウンできない。     (心肺系が制限とならない)
  *装置がやや大きく、高価。騒音が大きい。 *緊急時に降ろすことが難しい。
トレッドミルと自転車ジテンシャエルゴメーターの特徴トクチョウ比較ヒカク A
                               トレッドミル エルゴメーター
 よりタカいVO2max と O2-pulse max
 HRmax と VEmax の再現サイゲンセイ
 運動ウンドウのなれ ++
 負荷フカ定量テイリョウ −− ++
 ECG、呼気コキガス、血圧ケツアツのアーチファクト −− ++
 動脈採取サイシュ容易ヨウイ −− ++
 安全性アンゼンセイ
 仰臥位ギョウガグライでの使用シヨウ
 検査ケンサシツでのスペース
 サワ  オト
 アタイ  カク
 可動カドウセイ  
 有利ユウリ(++)、やや有利ユウリ(+)、やや不利フリ(−)、不利フリ(−−)
 (Wasserman K, et al. Principles of exercise testing and interpretation
 : 1987 より引用インヨウ)
2) 定常運動負荷法
トレッドミルや自転車エルゴメーターによる方法があり、運動維持能(endurance time)
の決定、定常状態でのガス交換能など肺生理機能の検査に適している。また定常負荷法の
変法として、機器を用いず、一定時間(6分・10分・12分)歩行させる時間内歩行テスト
がある。
時間内歩行テスト
一定時間内に歩くことができる最大距離を測定する。
12分間歩行距離(12MD)と最大酸素摂取量(VO2max)、最大分時換気量(VEmax)との相
関が示され2)、さらに12分間歩行テストでの2分間ごとの歩行距離は直線関係にあること
が報告されている3)。現在では、6分間歩行テストの結果(6MD)が12MDと相関すること
が証明され4)、検査時間の短縮や患者への負担を軽減するため6分間歩行テストが汎用さ
れている。
時間ジカンナイ歩行ホコウテストの特徴トクチョウ
負荷フカリョウ   「この時間内でもうこれ以上歩くことができないと感じるまで歩いてください」と患者に伝える。
  ペースは一定でなくても、途中で休んでもよい。    
  テン *機器を用いず簡単カンタン  
     
ケツ  テン *軽度の症例には負荷量が弱すぎるために評価できない。  
ケンモノハゲましの程度テイド結果ケッカる。    
3) 負荷法の選択
  主として運動負荷の目的により選択する。最大運動能の測定には、心循環系、呼吸器系
に十分な負荷となる大筋群を動員する運動が必要で、トレッドミルや自転車エルゴメーター
による漸増負荷法が用いられる。客観的な運動負荷量の測定を要しない場合は。時間内歩行
テストでよい。