カゲ
 
医学的評価 胸部レントゲン  
(初期)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
呼吸機能検査  
検査日 2000.2.26   強い閉塞性障害を示す。FEV1.0%
 FVC 2.34L(70%)   より、COPD病期分類では第3期に
 FEV1.0 0.80L(32%)   あたる。%DLCO(肺拡散能)の低下
 FEV1.0% 34.1%   より、肺気腫の存在を確定。
 %DLCO 50%   安静時動脈血ガスでは、軽度の低
  酸素血症を認めるのみである。
安静時動脈血液ガス分析  
検査日      
 PaO2 75.7Torr  
 PaCO2 34.5Torr  
 pH 7.47  
 
運動負荷心肺機能検査(自転車エルゴ 漸増負荷Ramp法<10W/min>)  
検査日 2000.2.22 2000.5.23   最大負荷量が10W増加したが、HRmax
(観察開始) (運動開始)   が増加、SpO2がさらに低下してい
 最大負荷量   (W)     58 69   ることから、患者がより頑張った
 VO2max     (ml/min/kg) 17.4 15.9   ためと考えられた。運動開始時の
 %VO2max    (%)     60 54.3   %VO2maxは54.3%で運動能は低下。
 HRmax      (beat/min)   122 131   VEmax/MVVは115%で換気が主な
 SpO2      (%)     95 → 88 97 → 86   制限因子。
 VEmax/MVV   (%)     122 115   循環系因子には余力あり。
 自覚症状    下肢疲労(BS) 10 10  
    呼吸困難(BS) 8 8  
 
運動療法の 運動負荷心肺機能検査結果の最大負荷量の60%負荷量から開始。  
処方決定 本症例の場合は、最大負荷量69Wの60%、40W×10分×2setから  
開始。  
 
理学的評価 検査ケンサニチ 2000.5.23  
(初期)  呼吸筋力  PEmax 76.7  
 (cmH2O)  PImax 72.5  
   ワキシタ 0.5  
 胸郭拡張差  ケンジョウ突起トッキ 2.0  
 (cm)  ダイ10肋骨ロッコツ 2.0  
 6MD (m)     400  
 ADL (テン)     29/40  
 
QOL(CRQ) 検査ケンサニチ PRE  
評価  息切イキギカン     6.3  
(初期)  疲労感ヒロウカン     6.6  
 心理シンリ情緒ジョウチョメン   7.1  
 病気ビョウキ支配シハイカン   7.1  
 ゴウ  ケイ     27.1  
 
目標設定 患者の目標 ゴルフを続けたい  
運動療法プログラムの目標   
 
運動ウンドウ療法リョウホウ   度  外来 30min/日×3日/週×8週  
  理学療法士8名、2名ずつペアで実施。  
モチベーション維持のために患者をスタッフ全員に  
紹介し、スタッフは積極的に患者に声かけを行う。  
主なプログラム  
@リラクゼーション   
A呼吸訓練(口すぼめ呼吸、腹式呼吸)  
B呼吸筋ストレッチ体操(胸郭可動域訓練として)   
C好気的運動療法(自転車エルゴ)  
2週目よりホームエクササイズを指導する(パンフ  
レットを配布)。好気的運動療法は自転車エルゴで  
開始するが、患者の状態に応じてトレッドミルも併  
用する(自転車エルゴと同程度の心拍数の負荷量に  
て実施)。  
  @早い時期より呼吸法をマスターし、運動の中にも  
  取り入れることが可能となる。  
A2週目後半よりトレッドミルも併用。  
B3週目、中だるみあり。客観的指標には変化がな  
  いが、外来リハビリ後、帰宅する道中、息切れが  
  楽になったとのことで、意欲が維持される。  
C5週目、意欲向上も含め、次のステップの目標設  
  定を行う(トレッドミルの傾斜角度アップ)。  
D最終的には、トレッドミルにて2.4km/h×12%×  
  で10minの負荷運動可能になる。  
 
医学的評価 呼吸機能検査  
(最終) 検査日 2000.2.26 2000.7.26   肺活量、1秒量に変化なし。
 FVC 2.34L(70%) 2.13L(63%)  
 FEV1.0 0.80L(32%) 0.75L(30%)  
 FEV1.0% 34.10% 35.20%  
 %DLCO 50% 65%  
 
運動負荷心肺機能検査(自転車エルゴ 漸増負荷Ramp法<10W/min>)  
検査日       2000.2.22 2000.5.23 2000.8.8   最大負荷量は運動開始時と終了時
        (観察開始) (運動開始) (運動終了)   で変化はなかったが、HRmaxが減少、
 最大負荷量 (W)     58 69 70   呼吸困難感が明らかに軽減した。
 VO2max   (ml/min/kg) 17.4 15.9 17.5  
 %VO2max  (%)     60 54.3 60  
 HRmax    (beat/min)   122 131 124  
 SpO2    (%)     95 → 88 97 → 86 95 → 87  
 VEmax/MVV (%)     122 115 124  
 自覚症状  下肢疲労(BS) 10 10 10  
  呼吸困難(BS) 8 8 5  
 
 
運動負荷心肺機能検査(自転車エルゴ 定常負荷法<40W>)   10分目の測定値は、運動終了時で
      rest 2min 4min 6min 8min 10min   はHRの増加が少なく、SpO2低下が
 HR 運動ウンドウ開始カイシ 90 102 114 117 121 126   抑えられ、呼吸困難感も減少して
  運動ウンドウ終了時シュウリョウジ 93 103 109 116 117 118   おり、自他覚両面で楽に運動でき
 SpO2 運動ウンドウ開始カイシ 96 93 90 89 88 88   るようになった。
  運動ウンドウ終了時シュウリョウジ 96 93 91 90 90 90  
 Borg 運動ウンドウ開始カイシ 0 0.5 2 4 5 6  
  運動ウンドウ終了時シュウリョウジ 0 0.5 1 2 3 3  
 
 
理学的評価 検査ケンサニチ 2000.7.31   6MD、ADL、CRQが改善。患者自身
(最終)  呼吸筋力  PEmax 83.2   が運動中の息切れの軽減を自覚さ
 (cmH2O)  PImax 78.7   れ、より運動に積極的になったこ
   ワキシタ 0.5   とが、運動耐用能を改善させると
 胸郭拡張差  ケンジョウ突起トッキ 3.5   共に、CRQの大きな改善に結びつい
 (cm)  ダイ10肋骨ロッコツ 2.0   たと考えられる。
 6MD (m)     495  
 ADL (テン)     35/40  
 
 
QOL(CRQ) 検査ケンサニチ PRE POST  
評価  息切イキギカン     6.3 8.0  
(最終)  疲労感ヒロウカン     6.6 8.6  
 心理シンリ情緒ジョウチョメン   7.1 8.6  
 病気ビョウキ支配シハイカン   7.1 9.4  
 ゴウ  ケイ     27.1 34.6  
 
 
運動ウンドウ療法リョウホウ 患者の運動に対する意欲は低下せず、プログラム終了後も本人  
の継続 の希望により週1、2回外来にて、また、自宅にも自転車エル  
ゴを購入し、運動療法を継続している。  
 
まとめ