【症例91】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 三木ミキDr.宗重ムネシゲPT
項 目 内 容
 1.症 例 59サイ 男性ダンセイ 身長シンチョウ173cm 体重タイジュウ73.9kg BMI 24.7
  喫煙キツエン 80ホン 29ネン (48サイまで) 市役所シヤクショ水道スイドウ調査チョウサ勤務キンム 普段フダンデスクワーク
  5ネンマエからロウ息切イキギ
 2.前評価 【Dr.評価】  
  肺機能ハイキノウ FEV1.0  1.17  FEV1% 36. 4 
     
  負荷試験 トレッドミル  漸増
  (2013/02/14) O2(-)(21%)
    7フン49ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
    peakVO2 2360ml/min(46%)VE/VO2  56⇒38
    VEmax/MVV=99.6% 
    SpO2 96%⇒88%
     
  【PT評価】  
  6MD 331m (360ビョウ)O2(-) 脈拍89⇒105 BS0⇒0.5 SpO296%⇒92%
  (マイペース) RR21⇒24 
     
 3.リハビリの目標   ロウ息切イキギれの軽減ケイゲン
 4.リハビリの内容 頻 度 シュウ2,3 8週間シュウカン外来ガイライ
  内 容 @PTにてテイ負荷フカエルゴ 40%負荷量から開始(20W 6分×3セット)
  脈拍ミャクハク136と上昇ジョウショウあり3回目カイメのエルゴメータから0.5L/フン吸入キュウニュウ
  1ヵ月後(1-11回)の評価までに4980W×分の負荷量
  2ヵ月後(12-22回)の評価までに9260W×分の負荷量
  呼吸コキュウ介助カイジョ 呼吸コキュウ動作ドウサ同調ドウチョウ
  AOTにてセルフケアチェック 指導シドウ
 5.後評価 【Dr.評価】  
  負荷試験 トレッドミル  漸増  O2(-)(21%) 9フン46ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
  (2013/03/21) VT1フン 前回ゼンカイ1453⇒今回コンカイ1602 3分後フンゴ 前回ゼンカイ1483⇒1705
    SpO2 96%⇒84%
     
  (2013/04/18) トレッドミル  漸増  O2(-)(21%) 9フン23ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
     
  【PT評価ヒョウカ  
  6MD 263m(360ビョウ) O2(-)
  (マイペース) 脈拍ミャクハク84⇒112 BS0⇒0 SpO297%⇒93% RR20⇒18
     
    階段昇降時の息切れ軽減