【症例87】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 里見サトミDr.山本ヤマモトPT.川邊カワベOT.
項 目 内 容
 1.症 例 65サイ男性ダンセイ 肺結核ハイケッカク後遺症コウイショウ 身長シンチョウ161cm 体重タイジュウ37.5kg BMI16
  昭和ショウワ45ネンヒダリ胸郭キョウカク形成ケイセイジュツ。H12ネン発熱ハツネツ呼吸コキュウ困難コンナンあり当院トウイン紹介ショウカイ治療チリョウにて改善カイゼン
   
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線 ヒダリ胸郭キョウカク形成ケイセイ術後ジュツゴ ミギシタ肺炎ハイエン
     
  肺機能ハイキノウ FEV1.0  1  FEV1% 36. 4 拘束コウソクセイ障害ショウガイ
     
  シンエコー検査ケンサ LVDd 38.7 LVDs 20.8 EF 78%
     
  心電図シンデンズ  
  心筋シンキンシンチ  
  負荷試験 トレッドミル
    O2(-)(21%)
    6フン45ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
    peak VO2=995ml/min (61.6%)
    VEmax/MVV=72.6% VE/VO2の66⇒42 換気カンキ効率コウリツ低下テイカ
    最大サイダイ運動ウンドウのPao2は57.7Torrであり低酸素テイサンソショウテイする
     
  【PT・OT評価】  
  6MD 297m (360ビョウ)O2(-) 脈拍81⇒97 BS0⇒3 SpO297%⇒92%
  (マイペース) RR28⇒36 運動ウンドウ開始カイシ分後プンゴよりST低下テイカあり
    ニトロールR2CP⇒フランドルテープとシグマート15mg/にて
    コントロール
 3.リハビリの目標   カラダミキ可動性カドウセイ改善カイゼン
 4.リハビリの内容 頻 度 4週間シュウカン入院ニュウイン
  内 容 @PT、OTが連携レンケイして患者カンジャ教育キョウイク
  APTにて呼吸法コキュウホウ調整チョウセイ胸郭キョウカクアプローチ、動作ドウサスピードの調整チョウセイ
  BOTにてセルフケア動作ドウサ評価ヒョウカ
     
 5.後評価 【PT・OT評価】 283m(360ビョウ) O2(-)
  6MD 脈拍ミャクハク81⇒96 BS0⇒0.5 SpO297%⇒92% RR23⇒35
  (マイペース) 安静アンセイ呼吸コキュウスウ減少ゲンショウロウ呼吸コキュウ困難コンナン改善カイゼン
     
    動作ドウサスピード問題モンダイなし