【症例81】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 前倉マエクラDr.河島カワシマPT.
項 目 内 容
 1.症 例 63サイ 男性ダンセイ 168cm 75s 4ネンマエまで60ホン/喫煙キツエン 歯科シカ技工士ギコウシ経営ケイエイガワ
  H21ネン3ガツ人間ニンゲンドックで肺気腫ハイキシュ指摘シテキされ受診ジュシン CTジョウシュハイソコ繊維センイミトめる
  H22ネン4ガツコロより坂道サカミチ階段カイダン昇降ショウコウナドでのDOE出現シュツゲン 
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線 肺気腫ハイキシュ
     
  肺機能ハイキノウ %VC 82.5%  %FEV1% 73.1%  %DLco 57.4%
     
  負荷試験 トレッドミル
    O2(-)(21%)
    9フン59ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ  HR113⇒160
    peak VO2=2271ml/min (77.7%)
    VEmax/MVV=92.2% VE/VO2の51⇒41 換気カンキ効率コウリツ低下テイカ
    Pao2は83.1Torr⇒58.8Torrであり低酸素テイサンソショウテイする
     
     
  その  
  【PT評価】  
  6MD 450m (360ビョウ) O2(-)
  (マイペース) 脈拍ミャクハク82⇒114 BS0⇒3 SpO95%⇒91%
    RR17⇒21
  その 歩行ホコウスピードハヤ
 3.リハビリの目標   階段カイダン昇降ショウコウ呼吸コキュウ改善カイゼン、廃用症候群の改善、
    運動ウンドウのきっかけづくり
 4.リハビリの内容 頻 度 ヤク8週間シュウカン外来ガイライ
  内 容 @PTによる呼吸法コキュウホウ指導、歩行スピード調整、胸郭ストレッチ、
    自転車エルゴ(50W10分)
     
     
 5.後評価 【Dr.評価】  
  負荷試験 トレッドミル  O2(-)(21%)
    12フン26ビョウ 息切イキギれにて終了シュウリョウ HR67⇒142
    Pao2は91.1Torr⇒64.5Torrであり低酸素テイサンソショウテイさない
  【PT評価】  
  6MD 405m(360ビョウ) O2(-)(21%)
  (マイペース) 脈拍ミャクハク85⇒105 BS0⇒0.5 SpO296%⇒92% RR20⇒18
     
  その 運動耐容能増加、歩行スピードの改善、呼吸困難感軽減
    30フンイヌ散歩サンポ習慣シュウカンになる