【症例80】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 平賀ヒラガDr.井下イノシタPT.渡辺ワタナベOT.
項 目 内 容
 1.症 例 77サイ 男性ダンセイ 163cm 58s 72サイまで52年間ネンカン20ホン/喫煙キツエン
  H17ネンCOPDwithAsthma H19ネン気胸キキョウ合併ガッペイ 
  今年コトシ(H22ネン)にハイ呼吸コキュウ増強ゾウキョウ 
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線 横隔膜オウカクマクテイなし CT ブラ、ショウ中心チュウシン気腫化キシュカ
     
  肺機能ハイキノウ FEV1.0  0.93  FEV1% 39.7 閉塞性ヘイソクセイ障害ショウガイ
     
  負荷試験 トレッドミル
    O2(-)(21%)
    5フン59ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
    peak VO2=1421ml/min (51.6%)
    VEmax/MVV=92.2% VE/VO2の51⇒41 換気カンキ効率コウリツ低下テイカ
    最大サイダイ運動ウンドウのPao2は58.8Torrであり低酸素テイサンソショウテイする
     
     
  その  
  PTOT評価】  
  6MD 220m (360ビョウ) O2(-)
  (マイペース) 脈拍ミャクハク87⇒98 BS0⇒5 SpO96%⇒91%
    RR18⇒22
  その WMS-Rで注意チュウイ機能キノウ記憶キオク保持ホジ能力ノウリョク低下テイカあり
 3.リハビリの目標   呼吸法コキュウホウ指導シドウ呼吸コキュウスウ調整チョウセイ) 動作ドウサ速度ソクド 呼吸コキュウ動作ドウサ同調ドウチョウ練習レンシュウ 
 4.リハビリの内容 頻 度 ヤク週間シュウカン外来ガイライ
  内 容 @PT、OTが連携レンケイして患者カンジャ教育キョウイク
    APTにて呼吸法コキュウホウ指導シドウ、リラクゼーション、柔軟ジュウナン体操タイソウ、エルゴによる
    下肢カシトレーニング
    BOTにて呼吸コキュウ動作ドウサ同調ドウチョウ練習レンシュウ家事カジ動作ドウサ指導シドウ
 5.後評価 【Dr.評価】  
  負荷試験 トレッドミル  O2(-)(21%)
    11フン24ビョウ 息切イキギれにて終了シュウリョウ
    VEmax/MVV=95.6% VE/VO2の51⇒35 換気カンキ効率コウリツ低下テイカ
  PTOT評価】  
  6MD 238m(360ビョウ) 
  (マイペース) 脈拍ミャクハク98⇒109 BS0⇒3 SpO296%⇒91% RR18⇒24
     
  その WMS-Rの結果ケッカから、わかりやすい指導シドウ反復ハンプク練習レンシュウ実施ジッシ
    その結果ケッカ呼吸コキュウ動作ドウサ同調ドウチョウがみられ、動作ドウサ方法ホウホウ改善カイゼン
    呼吸コキュウ困難コンナンカン軽減ケイゲンがみられた