【症例74】近畿キンキ大学ダイガク医学イガク附属フゾク病院 山藤ヤマフジDr.前田マエダPT.岡島オカジマOT.堀内ホリウチNs.湯川ユカワ栄養士エイヨウシ
項 目 内 容
 1.症 例 76歳男性ダンセイ 平成ヘイセイ14ネンCOPD、喘息ゼンソク診断シンダン。 身長シンチョウ162cm、体重49kg
  コウコリン、β2刺激シゲキグスリコウLT拮抗キッコウグスリ、ICSでフォロー。
  平成ヘイセイ20ネン7ガツコロから、200mホド歩行ホコウ息切イキギ出現シュツゲン。MRC3
 2.前評価 【Dr.評価】  
  呼吸コキュウ機能キノウ VC2.07L %VC64.4% FEV1.00.56L FEV1.0(%pred.)26.7
  セン FEV1.0/FVC28.6% 混合性コンゴウセイ換気カンキ障害ショウガイ
  CT  
     
  PTOT評価ヒョウカ  
  SWT 歩行ホコウ距離キョリ 130m
    レベル4
    最終サイシュウ歩行ホコウ速度ソクド 3.63
    HR 100
    BS 4 
    下肢カシBS 4
    SPO2(マエ)94%→()88%
    desaturation 6
    peakVO2 7.44
    FFD −19cm
  栄養士エイヨウシ評価ヒョウカ 野菜ヤサイはほとんど摂取セッシュされず、によって摂取セッシュリョウがあり
 3.リハビリの目標   @150mの距離キョリ休憩キュウケイなしで歩行ホコウすることができる
    A食事ショクジ指導シドウ実施ジッシ食生活ショクセイカツ改善カイゼンハカる。食事ショクジ摂取セッシュリョウげない。
 4.リハビリの内容 頻 度 2週(入院ニュウイン)
  内 容 @PT、OT、NS、栄養士エイヨウシ連携レンケイして患者カンジャ教育キョウイク 
    APTにてリラクゼーション、全身ゼンシン持久力ジキュウリョク訓練クンレン 
    BOTにてADL指導シドウ環境カンキョウ調整チョウセイ
    C栄養士エイヨウシにて栄養エイヨウ指導シドウ
 5.後評価 【Dr.評価】  
  呼吸コキュウ機能キノウ VC2.33L %VC75.2% FEV1.00.56L FEV1.0(%pred.)26.9
  FEV1.0/FVC28.6% 拘束性コウソクセイ障害ショウガイ改善カイゼン
  PTOT評価ヒョウカ  
  SWT 歩行ホコウ距離キョリ 130m
    レベル4
    最終サイシュウ歩行ホコウ速度ソクド 3.63
    HR 99
    BS 4 
    下肢カシBS 5
    SPO2(マエ)95%→()90%
    desaturation 5
    peakVO2 7.44
    FFD −10cm
    入浴ニュウヨク動作ドウサチュウ SPO2(最低サイテイ)87%→91%
  栄養士エイヨウシ評価ヒョウカ 一日イチニチ摂取セッシュ目安メヤスリョウほぼ把握ハアクされ、野菜ヤサイ主食シュショクれた食事ショクジ
    継続ケイゾク可能カノウ期待キタイできた
  NS評価ヒョウカ 感染カンセン予防ヨボウ運動ウンドウ療法リョウホウ必要性ヒツヨウセイ理解リカイでき、内服ナイフク自己ジコ管理カンリができる
    ようになった