【症例73】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 モトDr.森下モリシタPT.川邊カワベOT.森安モリヤスNs
項 目 内 容
 1.症 例 72歳女性ジョセイ ハイ結核ケッカク後遺症コウイショウ 胸郭キョウカク形成ケイセイ術後ジュツゴ ラクナ梗塞コウソク合併ガッペイ(パナルジン内服ナイフク
  高度コウド拘束性コウソクセイ障害ショウガイ 身長シンチョウ143cm、体重32kg
  家族カゾク同居ドウキョ。3ネンマエからロウ呼吸コキュウ困難コンナンカン増強ゾウキョウ
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線  
  C T  
     
  肺機能ハイキノウ 高度コウド拘束性コウソクセイ障害ショウガイ
     
  負荷試験 トレッドミル
    O2(-)(21%)
    8フン54ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
    %peak VO2=863ml/min(55,0%)
    VEmax/MVV=60,2% VE/VO2の65⇒34 換気カンキ効率コウリツほぼ正常セイジョウ
    最大サイダイ運動ウンドウのPao2は71,2Torrであり低酸素テイサンソショウテイさない
  その  
  PT・OT評価  
  6MD 274m(360秒)  O2(-)
  (マイペース) 脈拍ミャクハク96⇒94 BS0⇒3 SpO95%⇒92%
    RR32⇒34
  その  
 3.リハビリの目標   上手ジョウズ呼吸法コキュウホウ習得シュウトクと、動作ドウサとの同調ドウチョウ胸郭キョウカク柔軟性ジュウナンセイ改善カイゼン
 4.リハビリの内容 頻 度 4週(入院ニュウイン)
  内 容 @PT、OT、NSが連携レンケイして患者カンジャ教育キョウイク 
    APTにて呼吸コキュウ介助カイジョ呼吸法コキュウホウ指導シドウ、NPPV使用シヨウでのエルゴメーター
    使用シヨウによる下肢カシトレーニング
    BOTにて日常ニチジョウ生活セイカツ動作ドウサ確認カクニン
 5.後評価 【Dr.評価】  
  ハイ機能キノウ  
    トレッドミル
  負荷試験 O2(-)(21%)
    9フン59ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
  PTOT評価】  
  6MD 269m(360ビョウ)
  (マイペース) 脈拍ミャクハク97⇒93 BS0⇒1 RR20⇒20
  一定イッテイ呼吸コキュウスウタモつことができ、BSも改善カイゼン
  その 運動ウンドウのVT増加ゾウカさせ、運動ウンドウタイカタチノウ改善カイゼン
     
     
  Ns評価 呼吸法コキュウホウ習得シュウトク動作ドウサ見直ミナオしができ、階段カイダン昇降ショウコウでの呼吸コキュウ困難コンナンカン
    軽減ケイゲン