【症例72】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 伏谷フシタニDr. 川島カワシマPT、渡辺ワタナベOT、西脇ニシワキNs
項 目 内 容
 1.症 例 59歳男性ダンセイ 平成ヘイセイ6ネンCOPD診断シンダン。 身長シンチョウ156cm、体重39kg
  長期チョウキ慢性マンセイテキ経過ケイカたどっていたが、ウイルス感染カンセンショウ急性キュウセイワルのため入院ニュウイン
  たこ経営ケイエイ不安フアン神経症シンケイショウあり。喫煙キツエンしている。
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線 膨張ボウチョウあるが、2002ネンクラべてもハイ透過性トウカセイ変化ヘンカ
     
  CT ウエシタ中心チュウシンにブラ(+)シュツヨ
     
  負荷試験 エルゴ 漸増ゼンゾウ
    O2(-)(21%)
    4フン31ビョウ下肢カシ疲労ヒロウにて終了シュウリョウ
    %peak VO2=1137ml/min/kg(45,7%)
    VEmax/MVV=111.2% VE/VO2の57⇒42 換気カンキ効率コウリツ低下テイカ
    最大サイダイ運動ウンドウのPao2は63,3Torrであり低酸素テイサンソショウテイさない
  その 安静アンセイでもNA1.420とタカアタイ緊張キンチョウシメしている
  【PT・OT評価】  
  6MD 316m(360秒)  O2(-)
  (マイペース) 脈拍ミャクハク102⇒111 BS0⇒0 SpO95%⇒92%
  その BSはツネヒク
     
     
 3.リハビリの目標   上手ジョウズ呼吸法コキュウホウ習得シュウトク仕事シゴト動作ドウサ改善カイゼン
 4.リハビリの内容 頻 度 4週(入院ニュウイン)
  内 容 @PT、OT、NSが連携レンケイして患者カンジャ教育キョウイク 
    APTにてリラクゼーション、呼吸法コキュウホウ、パニックコントロール指導シドウ 
    AOTにてADL指導シドウ
 5.後評価 【Dr.評価】  
  ハイ機能キノウ ビョウリョウ 0.56⇒0.99 IC 1.15⇒1.55
     
  負荷試験 VEmax/MVV=111,2%⇒91,2%
     
  PTOT評価】  
  6MD 397m(360ビョウ)
  (マイペース) 脈拍ミャクハク94⇒119 BS0⇒0、RR17⇒28
  その 歩行ホコウ距離キョリがのびた。胸郭キョウカク拡張カクチョウスコしずつだがオオきくなっている。
  仕事シゴト動作ドウサ見直ミナオし、自分ジブン一人ヒトリではなくマワりに協力キョウリョクしてもらうコト
  れられた。退院後タイインゴカエりできるよう、注意点チュウイテン明確メイカク
    提示テイジし、プレッシャーなく退院タイインごせている
     
  【Ns評価】 呼吸法コキュウホウ習得シュウトク動作ドウサ見直ミナオしで呼吸コキュウ改善カイゼン自覚ジカクがあり、
    自信ジシンにつながっていた