【症例71】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 元根モトネDr. 山本ヤマモトPT、カワOT、宮本ミヤモトNs
項 目 内 容
 1.症 例 73歳女性ジョセイ 人工ジンコウ気胸キキョウ既往キオウのあるTB後遺症コウイショウ。 身長シンチョウ152cm、体重31kg
  高度コウド拘束コウソクセイ障害ショウガイドウセイヒンミャククワ緊張キンチョウ症例ショウレイ
  ロウサク息切イキギれが増強ゾウキョウ動悸ドウキあり。オット二人フタリらし。坂道サカミチオオい。
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線 リョウソク胸膜キョウマク石灰セッカイ
     
  肺機能 高度コウド拘束性コウソクセイ呼吸機能障害
     
  負荷試験 エルゴ 漸増ゼンゾウ
    O2(-)(21%)
    6フン29ビョウ下肢カシ疲労ヒロウ、THRにて終了シュウリョウ
                       .  .
    VEmax/MVV=70.9% VE/VO2の変化ヘンカ正常セイジョウであり、換気カンキ効率コウリツ正常セイジョウ
    最大サイダイ運動ウンドウのPao2は79.7Torrでありヒク酸素サンソショウテイさない。
    Hrmax/ THR 97.3%
  その 安静アンセイでも呼吸コキュウ回数カイスウが35カイタカアタイ緊張キンチョウシメしている。
  PT・OT評価】  
  6MD 322m(360秒) 
  (マイペース) 脈拍ミャクハク99⇒126 BS0⇒2  RR25⇒28
  その SpO95%(検査前後変動ない)
     
     
 3.リハビリの目標   @リハビリの目的モクテキ理解リカイAハイ柔軟性ジュウナンセイタカめるB下肢カシトレーニング
     
 4.リハビリの内容 頻 度 4週(入院ニュウイン)
  内 容 @PT、OT、NSが連携レンケイして患者カンジャ教育キョウイク 
    APTにより呼吸コキュウ介助カイジョ呼吸法コキュウホウ指導シドウ、メンタルアプローチオコなう
 5.後評価 【Dr.評価】  
  ハイ機能キノウ VC1.12→1.20 1ビョウリョウ変化ヘンカなし
     
  負荷試験 Vo2peak 749→561  Vco2peak 873→666 緊張キンチョウがとれ、運動ウンドウ効率コウリツがあがった。
     
  PTOT評価】  
  6MD 379m(360ビョウ)
  (マイペース) BS0.5⇒2、RR27⇒30 脈拍ミャクハク85⇒110
  その 当初トウショ緊張キンチョウだったが、自信ジシンちリハビリができるようになり、
    活動性カツドウセイした。
    退院タイイン不安フアンウッタえあり、病院ビョウイン家庭カテイ環境カンキョウめるため継続ケイゾク
    フォロー必要ヒツヨウ
     
  【Ns評価】 リハビリの目的モクテキがわかっていくことで、意識イシキして動作ドウサをゆっくりオコナ
    うことができていた