【症例69】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 元根モトネDr.、河島カワシマPT、カワOT、安井ヤスイNs
項 目 内 容
 1.症 例  71歳男性ダンセイ 多発性タハツセイ気胸キキョウのあるTB後遺症コウイショウ。 身長シンチョウ167cm、体重41kg
   高度コウド拘束コウソクセイ障害ショウガイ多発性タハツセイブラ・ブラ切除セツジョ胸膜キョウマク癒着ユチャクジュツ症例ショウレイ
   ロウサク息切イキギれがツヨ連続レンゾク10mの歩行ホコウ不可能フカノウであった。ツマ二人フタリグラし。
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線  
     
  肺機能 高度コウド拘束性コウソクセイ呼吸機能障害
     
  負荷試験 エルゴ 漸増ゼンゾウ
    O2(-)(21%)
    4フン44ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
    peak VO2=997ml/min/kg(58.1%)。
    最大サイダイ運動ウンドウのPao2は82.3Torrでありヒク酸素サンソショウテイする
    HRmax/ THR 75.8%
  その 安静アンセイでも呼吸コキュウ回数カイスウが42カイタカアタイ緊張キンチョウシメしている。
  【PT評価】  
  6MD 123m(360秒) 
  (マイペース) BS7⇒9、RR33⇒54
  その 安静アンセイ呼吸コキュウクライから立位リツイにつれて呼吸コキュウスウオオくなり、アサ呼吸コキュウ
    歩行ホコウのSpo2、RRともオオきく問題モンダイはないが、RRがオオ呼吸コキュウ困難コンナン
    ツヨ
 3.リハビリの目標   上手ジョウズ呼吸コキュウ方法ホウホウ習得シュウトクと、動作ドウサ速度ソクド調整チョウセイ安全アンゼン動作ドウサオコナえる
     
 4.リハビリの内容 頻 度 4週(入院ニュウイン)
  内 容 @PT、OT、NSが連携レンケイして患者カンジャ教育キョウイク 
    APTにより呼吸コキュウ介助カイジョ呼吸法コキュウホウ指導シドウ、メンタルアプローチオコなう
 5.後評価 【Dr.評価】  
  ハイ機能キノウ  
     
  負荷試験  
     
  【PT評価】  
  6MD 294m(360ビョウ)
  (マイペース) BS4⇒7、RR27⇒26
  その 入院ニュウインマエ比較ヒカクし、改善カイゼンミトめた。またENT維持イジされ満足度マンゾクド
    られている。
     
  【Ns評価】 入院ニュウインは、表情ヒョウジョウカタ口調クチョウもきつかったが、退院タイインには口調クチョウ
    やわらかくなり、オダやかに会話カイワ出来デキるよう変化ヘンカし、口数クチカズえた。