【症例68】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 三木ミキDr、山本ヤマモトPT、冨岡トミオカNs、カワOT
項 目 内 容
 1.症 例  66歳オンナ性 IP 身長シンチョウ148cm、体重55kg
  動作ドウサヒク酸素サンソショウをきたすIP症例ショウレイ
  家事カジ全般ゼンパンオコナっており、オット介護カイゴをしている。動作ドウサ全般ゼンパンハヤ自覚ジカク症状ショウジョウスクない
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線  
     
  肺機能 高度コウド拘束性コウソクセイ呼吸機能障害、拡散カクサン障害ショウガイ
     
  負荷試験 トレッドミル
    O2(-)(21%)
    4フン50ビョウ息切イキギれにて終了シュウリョウ
    %peak VO2=1258ml/min/kg(57.7%)。
    最大サイダイ運動ウンドウのPao2は49.7Torrでありヒク酸素サンソショウテイする
    Hrmax/ THR 82.1%
  その 安静アンセイでも呼吸コキュウ回数カイスウが34カイタカアタイ緊張キンチョウシメしている。
  【PT評価】  
  6MD 295m(360秒) 
  (マイペース) 呼吸コキュウ困難コンナン悪化アッカのため中止チュウシ
     
     
  その他 動作ドウサ速度ソクドハヤ
 3.リハビリの目標   上手ジョウズ呼吸コキュウ方法ホウホウ習得シュウトクと、動作ドウサ速度ソクド調整チョウセイ安全アンゼン動作ドウサオコナえる
     
 4.リハビリの内容 頻 度 2週(入院ニュウイン)
  内 容 @PT、OT、NSが連携レンケイしてADLにおけるヒクO2のチェックと教育キョウイク 
    A動作ドウサスピードの調整チョウセイ階段カイダン昇降ショウコウ方法ホウホウ坂道サカミチでの休憩キュウケイのタイミング
 5.後評価 【Dr.評価】  
  ハイ機能キノウ  
     
  負荷試験 O2(+)(30%)
     
  【PT評価】  
  6MD  
  (マイペース)  
     
  その他 酸素サンソ療法リョウホウ必要性ヒツヨウセイと、スピード配分ハイブン理解リカイできた
     
  【OT評価】 掃除機ソウジキなど動作ドウサをゆっくりオコナ体重タイジュウ移動イドウをしながらオコナうことで、Spo2
    低下テイカ軽減ケイゲンすることができた。