【症例63】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 好村ヨシムラDr. 岩田イワタPT
項 目 内 容
 1.症 例  79歳オトコ性 COPD(肺気腫ハイキシュ) 身長154.6cm、体重46.7kg
   喫煙キツエンレキ40ポン/ニチ×52ネンカン 感染カンセンをきっかけに呼吸コキュウ困難コンナンカン悪化アッカ
 2.前評価 【Dr.評価】  
   セン  
     
  肺機能 混合性呼吸機能障害。
     
  負荷試験 自転車エルゴRamp法(10W/min)
    O2(-)(21%)
    30W、下肢カシ疲労ヒロウにて終了シュウリョウ
    %peak VO2=12.3ml/min/kg(57.8%)で運動耐容能高度低下。
    循環器系因子には余力あり。
     
  その 通常ツウジョウ歩行ホコウでは1分間プンカンでSpO2 88%まで低下テイカ
  【PT評価】  
  6MD 150m(160秒) 
  (マイペース) 低酸素血症テイサンソケッショウ中止チュウシ
    Borg Scaleは0だが、アキらかに努力ドリョクセイ呼吸コキュウ自覚ジカク症状ショウジョウトボしい。
  その他 安静アンセイ運動ウンドウ呼吸コキュウスウオオい。
 3.リハビリの目標   上手ジョウズ呼吸法コキュウホウと、呼吸コキュウ動作ドウサ同調ドウチョウ方法ホウホウ習得シュウトク
    ADLの拡大。
 4.リハビリの内容 頻 度 30プン/ニチ×4ニチ/シュウ×2週(入院)
  内 容 @呼吸法訓練クンレン 
    A歩行を含む基本動作訓練
 5.後評価 【Dr.評価】  
  ハイ機能キノウ 未実施ミジッシ
     
  負荷試験 未実施ミジッシ
     
  【PT評価】  
  6MD 273m(360ビョウ
  (マイペース) 呼吸コキュウホウ呼吸コキュウ動作ドウサ同調ドウチョウ方法ホウホウ習得シュウトク
    距離キョリ低酸素テイサンソケッショウ改善カイゼン
  その他 安静アンセイ運動ウンドウ呼吸コキュウスウ減少ゲンショウ