【症例61】大阪市大オオサカシダイ病院ビョウイン 立石タテイシDr.
項 目 内 容
 1.症 例  74歳オトコ性 ALS 身長150cm、体重42kg
   主訴:ロウセイ呼吸困難
 2.前評価 【Dr.評価】  
  肺機能 軽度ケイド拘束コウソク性呼吸機能障害。
    VC=2.1L(71.5%) FEV1=2.0L(83.9%)
  負荷試験 自転車エルゴRamp法(10W/min)
    %peak V()O2=21.4ml/min/kg(95.4%)で運動耐容能は正常。
    呼吸パターンはshallow breathing。
    終了時VT=870ml、VE/VO2=34.2で低値。(                                                                     )
    MVV実測していないが、低下テイカ予測ヨソクされる。
    低酸素血症なし。循環器系因子には余力あり。
    運動制限因子は、呼吸筋、骨格筋を含める筋疲労、
    および換気制限によるものが大きいと考えられるが、
    労作性呼吸困難感は、これだけでは説明できない。
  血液ケツエキガス PaCO2=53.2mmHg コウ炭酸タンサンガスケッショウ
  換気カンキ応答オウトウ検査ケンサ CO2換気カンキ応答オウトウ著明チョメイ低下テイカ
  ハリ筋電キンデン 慢性マンセイ神経シンケイハラセイ変化ヘンカ
  【PT評価】 未実施ミジッシ
    痰があるならば排痰法指導により、また姿勢を考慮することで、
    安静時呼吸困難感の軽減が期待できる場合がある。
    原疾患により呼吸筋や骨格筋の筋力低下を来たし、
    それが労作性呼吸困難感の原因になっているならば、
    呼吸介助や呼吸法訓練による効果は得られにくいと考えられる。