【症例60】国立コクリツ病院ビョウイン機構キコウ 刀根山病院 三木ミキDr. 川邊カワベOT
項 目 内 容
 1.症 例  44歳ジョ性 ハイリンパミャクカン筋腫キンシュショウ(LAM) 身長157cm、体重35kg
   主訴:タイドウ呼吸困難
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線  
  肺機能 高度の閉塞ヘイソクセイ呼吸機能障害。
    気管支キカンシ拡張剤カクチョウザイ吸入キュウニュウのFEV1=0.34L(14.8%)。
    高度コウド拡散カクサン障害ショウガイ。DLCO測定ソクテイ不可フカ
  負荷試験 トレッドミル 多段階漸増法 
    O2(+)(30%)
    %Peak VO2=5.8ml/min/kg(15.3%)で運動カタチノウ高度コウド低下。
    VT=447ml、RR=23までの増加ゾウカ高度コウドの換気制限セイゲン
    PaO2=51.5mmHgまで低下テイカ
    心電図上のイベントなし。
    換気制限・低酸素テイサンソケッショウが運動制限因子。
  【OT評価ヒョウカ 以前イゼン指導シドウしたSpO2低下テイカさせない動作ドウサ方法ホウホウは、動作ドウサ完了カンリョウまでの時間ジカン
    がかかりぎて実用性ジツヨウセイけており、実際ジッサイ生活セイカツ場面バメンでは活用カツヨウされ
    ていなかった。ハヤウゴきすぎて低酸素テイサンソケッショウになっていた。
     
 3.リハビリの目標   上手ジョウズ呼吸法コキュウホウと、実用性ジツヨウセイのある動作ドウサ方法ホウホウ習得シュウトク。ADLの拡大カクダイ
     
 4.リハビリの内容 頻 度 30プン/ニチ×4ニチ/シュウ×4週(入院)
  内 容 @呼吸法訓練クンレン 
    A排痰訓練
    B日常生活動作訓練
 5.後評価 【Dr.評価】  
  ハイ機能キノウ 未実施ミジッシ
     
  負荷試験 未実施ミジッシ
     
  【OT評価ヒョウカ SpO2が低下しやすい動作(上肢サポートなしでの動作)、SpO2が改
    善しやすい肢位(上肢サポートによる座位での前傾姿勢)、パニッ
    クコントロールを指導し、動作開始肢位と動作方法を変更、SpO2
    下時の対処法を習得した。その結果、動作時SpO2低下の軽減と回復
    時間の短縮、動作時間の短縮が達成され、実用性がアップし、ADL
    が拡大した。