【症例59】イクカイ記念キネン病院 栗原クリハラDr. 小村コムラPT
項 目 内 容
 1.症 例  69歳オトコセイ 肺気腫ハイキシュ 身長シンチョウ162cm 体重タイジュウ52kg
   主訴:体動時呼吸困難感
     
 2.肺機能  コウ閉塞ヘイソク性換気障害。1秒量低下(20%)。
     
 3.負荷試験 エルゴ5W/min Ramp法 
   30W、呼吸困難感にて終了。
   %Peak V()O2=568ml/minで運動能高度低下。
   呼吸コキュウスウ増加ゾウカ低酸素テイサンソケッショウあり。
   換気制限が運動制限因子。
     
 4.運動療法 5年前ネンマエに8週間シュウカンプログラムを実施ジッシ。現在は2日/週の外来通院ツウイン
     
  今回はNIPPV下のエルゴ(定常負荷)を実施。
  負荷フカリョウ(2.6km/h)  
   SpO2呼吸コキュウ困難コンナンカン改善カイゼン
  負荷フカリョウ(3.0km/h)  
   効果コウカミトめられず。アツ設定セッテイ呼吸コキュウとの同調ドウチョウ方法ホウホウなど、今後コンゴ検討ケントウ必要ヒツヨウ