【症例57】国立療養所 刀根山病院 好村ヨシムラDr. 河島カワシマPT  川辺カワベOT
項 目 内 容
 1.症 例  71歳男性 肺気腫ハイキシュ 身長164cm、体重60kg
   主訴:タイドウ呼吸困難
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線 典型テンケイレイ横隔膜オウカクマク平定化ヘイテイカ著明チョメイシュハイ血管ケッカンカゲトボしい。
  肺機能 高度の閉塞性呼吸機能障害。1秒量高度低下(16.6%)。
    高度の拡散障害。DLco高度低下(3.9%)。
  負荷試験 トレッドミル 多段階漸増法 
    @O2(−)(21%)⇒16ヶゲツマエ(リハマエ
    AO2(+)(30%)⇒今回コンカイ(リハマエ
     %Peak VO2/kg=11.0ml/min/kg(40.9%)で運動能低下。
     Peak VE/MVV=127.3%で換気能制限セイゲン
     心電図上のイベントなし。
     換気制限・デコンディショニングが運動制限因子。
  【PT評価】  
    @15ヶゲツマエ(リハ前後ゼンゴ
    A今回コンカイ(リハマエ
  6MD  163m(200秒) 
  (マイペース)  SpO2低下テイカ呼吸コキュウ困難コンナンカン上昇ジョウショウ呼吸コキュウスウ増加ゾウカ
  その他  安静アンセイ呼吸コキュウスウオオい。ムネクサリチチヅキスジシャカクスジ緊張キンチョウツヨい。
 3.リハビリの目標   上手ジョウズ呼吸法コキュウホウ動作ドウサとの同調ドウチョウ方法ホウホウ動作ドウサスピードの習得シュウトク
     
 4.リハビリの内容 頻 度 30プン/ニチ×4ニチ/シュウ×4週(入院)
  内 容 @呼吸法訓練クンレンオモクチすぼめ呼吸コキュウ) A歩行訓練(呼吸調整)
    B自転車エルゴ
     10W・6min・1set→25W・10min・3set(インターバル2min)
    C日常生活動作訓練
 5.後評価 【Dr.評価】  
  負荷試験 未実施ミジッシ
     
  【PT評価】  
    @今回コンカイ(リハ
  6MD  279m(360ビョウ
  (マイペース)  呼吸コキュウホウ呼吸コキュウ動作ドウサ同調ドウチョウ方法ホウホウ動作ドウサスピードの習得シュウトク
     SpO2低下の程度テイド・呼吸困難感・下肢カシ疲労ヒロウ・呼吸数の改善カイゼン
  その他  安静アンセイ呼吸コキュウスウ減少ゲンショウ
     呼吸補助筋の緊張は変化なし。
  【OT評価】 @15ヶゲツマエ(リハ
    A今回コンカイ(リハ
     呼吸と動作の同調方法の習得によりADLが改善。