【症例55】国立療養所 刀根山病院 マエクラDr. 河島カワシマPT  川辺カワベOT
項 目 内 容
 1.症 例  58歳オンナ性 気管支キカンシ拡張カクチョウショウ 身長160cm、体重47kg
   主訴:タン  
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X  線 典型テンケイレイ リョウハイ膨張ボウチョウシタハイシュとした部分的ブブンテキシュ
    ミギジョウチュウハイヒダリチュウハイ気管支キカンシ拡張カクチョウゾウ
  肺機能 高度の混合コンゴウセイ換気カンキ障害。
    %VC=47.5% %FEV1=26.2%
  負荷試験 トレッドミル 多段階漸増法 
    @O2(−)(21%) 
     %Peak VO2=29.9%で運動能は高度コウド低下。
     VE/VO2は増加で、換気効率低下。Peak VE/MVV=79.6%
     シン負荷フカあり。
     低酸素血症あり。最低サイテイPaO2=52torr PaO2 slope=−9.64
     運動制限因子は換気カンキ制限セイゲン、低酸素血症。
    AO2(+)(24%) 
     O2吸入キュウニュウにより、%Peak VO2=40.5%で運動能改善カイゼン
     VE/VO2低下テイカで、換気効率改善カイゼン。 Peak VE/MVV=80.6%
     最低サイテイPaO2=57.1torrで低酸素テイサンソケッショウ改善カイゼン。PaO2 slope=−10.22
  【PT評価】  
  6MD 291m(360秒)  O21L吸入キュウニュウ
  (マイペース) アサくてハヤ呼吸コキュウ最低サイテイSpO2=89%
  その他 安静アンセイ呼吸コキュウスウオオい。胸郭キョウカク拡張カクチョウダイ10肋骨ロッコツヘソ吸気キュウキ逆転ギャクテン
 3.リハビリの目標   ハイタンホウ本人ホンニン家族カゾク)、上手ジョウズ呼吸法コキュウホウ習得シュウトク
    患者カンジャ目標モクヒョウ入院ニュウインしないようにする
 4.リハビリの内容 頻 度 30プン/ニチ×4ニチ/シュウ×4週(入院)
  内 容 @リラクゼーション Aハイタン訓練クンレン(アカペラ使用シヨウ) 
    B呼吸介助 C呼吸法訓練
    D自転車ジテンシャエルゴ(10W・6min×2set→20W・10min×3set)
 5.後評価 【Dr.評価】  
  負荷試験 実施ジッシ
  【PT評価】  
  6MD 275m(360ビョウ) O21L吸入
  (マイペース) 呼吸コキュウパターン改善カイゼン最低サイテイSpO2=91%で低酸素テイサンソケッショウ改善カイゼン
  その他 安静アンセイ呼吸コキュウスウ減少ゲンショウ
    第10肋骨・ヘソの胸郭拡張差が改善。
  【OT評価】 評価ヒョウカのみ実施ジッシ
    本人の希望により指導未実施。