【症例53】国立療養所 刀根山病院 好村ヨシムラDr. 山原ヤマハラPT  川辺カワベOT 無断転載禁止
項 目 内 容
 1.症 例  68歳男性 肺気腫ハイキシュ 身長161.5cm、体重49kg
   主訴:タイドウ呼吸困難 動悸ドウキホラセイヒンミャク) 喫煙歴:40ポン×44ネン 
 2.前評価 【Dr.評価】  
  X 線 横隔膜オウカクマク平定ヘイテイ膨張ボウチョウあり。ミギ上下ウエシタシュあり。
  肺機能 高度の閉塞ヘイソク換気カンキ障害。
    1ビョウリョウ高度コウド低下テイカ(GOLDステージV)。
    DLco=22.7%で高度コウド低下テイカハイ血管ケッカンユカ破壊ハカイ換気カンキ血流ケツリュウ均等キントウ
  負荷試験 トレッドミル 多段階漸増法 
    @O2(+)(24%) 
     %Peak VO2=38.8%で運動能は高度コウド低下。
     VE/VO2は増加で、換気効率低下。 Peak VE/MVV=89.6%
     O2 pulseは早期ソウキ頭打アタマウちでココロ機能キノウ低下テイカ
     低酸素血症あり。PaO2 Slope=−10.84
     運動制限因子は換気カンキ制限セイゲン、デコンディショニング、
     低酸素血症。
  【PT評価】  
  6MD 257m(360秒) 
  (マイペース) ナガ呼吸コキュウパターン。動作ドウサスピードがハヤい。
  その他 ムネクサリチチヅキスジシャカクスジ緊張キンチョウツヨい。
 3.リハビリの目標   上手ジョウズ呼吸法コキュウホウ動作ドウサとの同調ドウチョウ方法ホウホウ習得シュウトク
    患者カンジャ目標モクヒョウ歩行ホコウ呼吸コキュウ困難コンナンカン軽減ケイゲン温泉オンセンく。
 4.リハビリの内容 頻 度 30プン/ニチ×4ニチ/シュウ×4週(入院)
  内 容 @リラクゼーション A呼吸介助 B呼吸法訓練クンレン 
    C歩行訓練クンレン(呼吸調整)
    E日常生活動作訓練
 5.後評価 【Dr.評価】  
  負荷試験 @O2(+)(24%) 
  (詳細データ無)  %Peak VO2改善。
     同一運動負荷量でのVE、呼吸数低下、
     呼吸困難感、下肢疲労(BS)が改善。
  【PT評価】  
  6MD 337m(360ビョウ
  (マイペース) 呼吸コキュウパターン、動作ドウサスピード改善カイゼン
  その他 10プンカンで500mの歩行ホコウ可能カノウ
    呼吸補助筋の緊張、第10肋骨の胸郭拡張差が改善。
    体重タイジュウ2kg増加ゾウカ
  【OT評価】 呼吸コキュウ動作ドウサ同調ドウチョウ方法ホウホウ習得シュウトクによりADLが改善カイゼン
    入浴ニュウヨク動作ドウサ自立ジリツ可能カノウ