無 断 転 載 禁 止
施設ベツ運動療法実施ジッシ方法ホウホウ
1.患者評価・処方決定
    育和会イクワカイ記念キネン病院ビョウイン 大阪オオサカ鉄道テツドウ病院ビョウイン 大阪市立大学医学部附属病院   刀根山トネヤマ病院ビョウイン
評価の基本 エルゴ漸増負荷 トレッドミル漸増負荷 トレッドミル漸増負荷 トレッドミル漸増負荷
              エルゴ漸増ゼンゾウ負荷フカ
その他 6MD、握力アクリョク 6MD 6MD 6MD
  片脚カタアシバランス   Standing up テスト ROM(関節可動性)
  SLR、FFD   K−Wtest 補助呼吸筋の使用
  口腔内圧   口腔内圧 胸郭拡張差
    胸郭拡張差     胸郭拡張差    
ADL 日常生活動作調査表   日常生活動作調査表 ADL調査表(オリジナル)
               
QOL CRQ CRQ、SF−36 ノッチンガム健康調査表 QOL調査表(オリジナル)
          CRQ、SF−36   CRQ
2.運動療法の実施方法(●印:特に重視する指標)      
自転車エルゴ      
トレッドミル      
歩行      
上肢運動      
その他   理学療法 理学療法   理学療法   理学療法、作業療法
  ストレッチング      
特 記 ホームエクササイズ      
  リラクセーション、胸郭柔軟性ジュウナンセイ      
    上肢・下肢・呼吸筋ストレッチ          
               
開始負荷量設定基準 ・Borgスケール   ・ATとWRMaxの中間を目標 ・ATの80%
(数値、具体的動作等) ・WRMaxの60%(エルゴ)   (WRMaxの70〜80%・ATレベル ・ATにタッしない場合バアイ
    以上を目標)  Peak VO2の60%
     WRMaxの40%程度より開始 ・Peak HRの80%
    ・ATにタッしない場合バアイ ・ノルアドレナリン変曲点に
     WRMaxの70〜80%  達しない範囲
    ・心拍数とBorgスケールも参考 ・十分な酸素投与を行い、SpO2
     とする  92%以上を維持
               
運動療法実施要領 外来ガイライシュウ3カイヤク8週間シュウカン   障害ショウガイ程度テイドに応じて訓練クンレン方法ホウホウ 負荷フカ設定セッテイ基準キジュンより、Watt数、
  最初サイショ設定セッテイ負荷フカリョウでエルゴ   選択 時間、Setスウ酸素サンソ吸入キュウニュウリョウ
  ニチ 10プン×1Set   ・HJ−2〜3 SpO2・HRの維持イジ範囲ハンイ決定ケッテイ
  そのエルゴとドウレベルのHR    1秒量1L以上の軽度〜中等度  
  にて(Borgスケールも参考)    持続運動(15〜20分×2setなど) 入院ニュウイン週間シュウカン
  トレッドミル    を指導 ニチ 6プン×3Setより開始カイシ
    ・HJ−3〜4 ニチ 10プン×3Setを最終サイシュウ目標モクヒョウ
  日毎ヒゴトにエルゴとトレッドミル    1秒量1L以下の中等度〜重症  
  交互コウゴ実施ジッシ可能カノウなら時間ジカン    休息キュウソクをはさんだインターバル SpO2・HRが維持可能カノウ息切イキギ
  を延長)。可能カノウならエルゴと    運動を指導 軽度であれば、時間を1〜2分
  トレッドミル両方リョウホウ実施ジッシ(イン   ・HJ−4〜5 ずつ漸増負荷量も5〜10Wずつ
  ターバル10分)傾斜ケイシャとスピード    歩行運動が出来ない障害群 漸増
  を調節4〜12%のカク段階ダンカイ目標モクヒョウ    上肢ジョウシ訓練クンレン、ADL訓練クンレンオモ SpO2 92%が維持出来るよう
     に指導 必要あれば酸素吸入量やす
  上肢運動、胸郭柔軟性、その他   訓練クンレンマエタダしい呼吸コキュウホウ(deep  
  の運動について、自宅での継続    slow)を習得しているか確認  
  方法を指導   外来ガイライ、週2〜3回、2ヶゲツ  
     ウォーミングアップも含め、  
     1時間程度  
    負荷フカリョウは1ヶゲツクライ漸増ゼンゾウ漸減ゼンゲン  
     を調節  
    運動中ウンドウチュウのSpO2が90%以上イジョウとなる  
     強度で指導  
     O2吸入キュウニュウでSpO2 90%以上タモ  
     れば強度をげる  
    コシ膝等ヒザナド整形セイケイ外科的ゲカテキ問題モンダイ  
     (痛み等)の無いことを確認  
最終負荷量(目標)   個人コジンによってコトなる     個人によって異なる   Peak VO2、Peak HRの80%以上
              で 10分×3Set
運動療法実施中にみる指標(●印:特に重視する指標)        
HR      
SpO2      
息苦しさ(Borg scale)      
だるさ(Borg scale)      
特 記              
3.運動ウンドウ療法リョウホウ効果判定のための指標(●印:特に重視する指標)
歩行中SpO2      
総METS-min              
歩行時間・6MD距離        
呼吸数・換気パターン          
歩行中Borg Scale      
ADL評価        
特 記   QOL     QOL