慢性肺疾患患者のADL・QOL改善のために、運動負荷心肺機能検査を用いた運動障害の科学的な評価と、その結果に基づいた運動療法を中心とした呼吸リハビリテーションの実践をめざして、医師および関係するすべての職種が集まり、症例検討をとおして理解を深めることを目的とする。



本会は、1995年より開催されていた医師を中心とした運動負荷症例検討会を前身とし、運動負荷心肺機能検査で得られたデータをさらに臨床に生かすために理学療法士、作業療法士に呼びかけ、1998年に設立されたものである。



2ヶ月に1回、定例会を開催する。運動負荷心肺機能検査の結果から呼吸リハビリテーションの目標、具体的な運動処方を設定し、呼吸リハビリテーションを実施して、その効果を評価した症例を呈示し、呼吸リハビリテーションの内容、経過、問題点等を検討する。




呼吸ケアに取り組んでいる在阪の施設で、慢性肺疾患患者を対象とした運動負荷心肺機能検査、呼吸理学療法、運動療法に関心のある医師、理学療法士、作業療法士、看護婦など。




 
森ノ宮医療大学 保険医療学部 理学療法学科 金尾 顕郎

 〒559−8611 大阪市住之江区南港北1-26-16
  
  TEL:06−6616−6911
      FAX:06−6616−6912